いのちの源産霊(むすひ)の神様

君が代にこんな一節があります。「さざれ石の巌となりて、苔のむすまで。」
小さな石が長い年月をかけて大きな岩になり、その表面に苔が覆っていく
様子を歌っています。何もない岩に、自然と苔という命が誕生する。
目には見えない、何か不思議な力がはたらいています。命を誕生させる不
思議な力。それを、昔の人は「むす」と言って表現しました熊野大社の神
様は、あらゆる命を生み出し育む「むすひ」の神様です。